雪解け間もない源流へ イワナ釣りに行ってきました

イワナお客様

山の谷あいの源流へ

先日、源流へ遊びに行ってきました。

北海道の4月は雪解け水が河川に流入し多くの川が濁りと増水に苛まれます。

そこで今回は比較的低い山の谷あいを流れる源流へ行くことに。

昼頃に川へ到着。

ここ数日は晴れが続いたためか、水質はクリアで水量も落ち着いています。

堰堤のポイントへ

入渓地点からすぐ下流に2段の堰堤があり、先にそのポイントを攻めます。
1投目、落ち込みの直下を攻めると早速良型のイワナがヒット。

ルアーはimaのissen45s MAXのヤマメカラー
細かなトゥイッチを加えた際の移動距離が短めで、源流のような短い距離で魚を誘う際にぴったりのルアーです。
雪解け間もないためか釣り人の痕跡もなく、魚たちは高活性のようです。
同行者と合わせて10匹近く釣ったところで、釣り上がることに。
少しの間水深の浅いポイントが続きますが、小さなポイントにも魚がついておりぽつぽつときれいなイワナを追加していきます。

尺イワナがヒットするも・・・

しばらく釣り上がると大きな堰堤が現れました。
このポイントでは魚を出すことができず、高巻きして遡行を続けます。

堰堤のすぐ上のポイントで同行者に尺イワナがヒット。
自分も負けじとロッドを振り続けますが、釣れるのは25㎝クラスばかり。

もうひとつの堰堤で良型イワナをゲット!

さらにもうひとつ堰堤に出会い、その落ち込みを丹念に誘うとこれまでの魚よりも大きめの魚がヒット

29㎝と惜しくも尺には及びませんでしたが、良型のイワナ

ルアーはメテオーラ52ヤマメカラーで、何度も探った後のポイントでしたがボトム付近をリフトアンドフォールで誘ってバイトに持ち込みました。

その後はさらに遡行しますが小型のイワナが数多く掛かるのみ。
雪解け間もない北海道では冬眠から覚めたヒグマの危険もあるため暗くなる前に脱渓。

たくさんの美しいイワナたちと触れ合うことができ、非常に満足度の高い釣行となりました。

イワナ釣りにおすすめのルアーはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました