【実釣編】終盤鮎友釣り釣行記

オルルド釣具鮎の友釣りお客様

終盤の友釣りに

9月も終わり。今年の鮎釣りシーズンも残りあとわずかになった。この週末は局地的豪雨をもたらせた低気圧の名残で強風が吹きさらす天気。友釣りに強風は大敵。だけどシーズンが残り少ないことから佐波川へ向かった。

今回の釣り場

山口県

今日の釣り場は山口県防府市の佐波川。

中河川だが天然遡上も数あり漁協の放流もうまくいっていて安定した釣果が望める川だ。

今回の仕掛け

仕掛け
  • 竿:9m
  • 天井糸:フロロ0.8号
  • 水中糸:PE0.1号
  • 鼻環仕掛:フロロ0.8号
  • ハリス:フロロ0.2号
  • 針:7号
  • イカリ:3本

釣行の模様

川に着くと、吹き通る風で木々が大揺れに揺れている。それでも川にはもう何人もの釣り人が竿を出している。 釣り開始は10時。まずは素掛けでオトリを取らないといけない。段々瀬の瀬肩に立って素掛けの竿を伸ばすと、風に振られてしまう。吹き通る風の合間を待って鉛をおろし、寝かし竿で上にしゃくる。

今回の仕掛け

するとラッキーなことに一振り目で鮎が掛かった。いつもならオトリは2,3匹キープしておくところだが強風で素掛け竿が振りにくいのでさっそく竿を友釣り用に変える。

 風が強くて竿をまともに立てられない。それでも囮鮎はヒューっと沖へ泳ぎ出てくれた。するとギラリン☆すぐ掛かった。さらに次も。オトリの元気さで次々に掛かる。普通なら風でつらくて続けられないところだが掛かるのだからやめられない。

【オルルド釣具】ノベルド スーパーロング|Fishing Japan by SIB - フィッシングジャパン(公式 直営店)
【9m / 10m / 11m / 12m】収納袋付き
鮎釣り

昼食を取るため一旦竿をたたむ。2時間で25匹。ほとんどが18cm~20cmの良い型だ。昼食の間にさらに風が強くなってきた。ビュービュー風の音がする。それでも良く掛かるのであきらめきれない。再び午前と同じ位置に立って竿を伸ばす。風で押されて竿を肩に担ぐのも一仕事。強風に体も振られ、オトリに鼻環をなかなか通せない。

鮎釣り

やっと逆針も打ってオトリを放つ。それでも元気なオトリは沖へ、上へと泳いで行ってくれる。時々吹く突風に竿を水面すれすれに寝かさざるを得ない状態。それでも鮎は掛かる。掛かったら掛かったで大変だ。風の吹き具合を見て竿が立てられる瞬間に一気に抜く。 

川釣り

結局夕方まで風が収まることは無かった。少し早いけど強風に負けないように竿を支えるので腕もくたくた。少し早めに竿をたたんだ。

この日の釣果

午後は風に踊らされてペースが落ち、24匹にとどまった。しかしこの強風の状況で今シーズン最高の49匹はできすぎでしょう。

オルルド釣具終盤鮎友釣り
鮎友釣りにおすすめの釣具はコチラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました