オルルド釣具 ウルトラライトロッド「トラルド(並継)」

製品紹介

orurud釣具 トラルド(並継)

管理釣り場などでトラウトを狙ったりする時に、結構軽めのスプーンやミノー、変わり種なルアーを投げることがあります。なにせ軽いのでティップが適度に柔らかくて投げやすいロッドが欲しかったりするのですが、そういう竿はいざ魚がかかるとぐにゃっとして腰がなくやりとりに不安が残ったりするので、バランス良く扱えるロッドはないかと探していました。

そんな時、オルルド釣具 ウルトラライトロッド「トラルド(並継)」の仕様を見た時になかなかに弾かれれるものを感じました。

ティップ部分は軽いフルカーボンソリッド、バット部は高弾性カーボンのチューブラ構造ということで、感度と粘りを両立させている雰囲気が・・・

早速、近所の管理釣り場でこのロッドを試してみました。

2時間ほどの短時間の釣りで数匹ニジマスをゲット。実は初めての場所でロッドの筆おろしだったのですが扱いやすく慣れるための時間はほとんど必要なく、いつも使っているルアーをさらりと泳がせてくれました。

スプーンとスピナーを中心に投げましたが、ティプのシナリで投げられるのでラク。

魚からの反応はとてもわかりやすく、竿先に心地よい「クン!」というアタリが明確に伝わります。

フックオンしたのちの扱いもしなやかで、バット部が見た目なライトな感じからは想像できなほど腰があるので、尺サイズの魚であれば難なく取り込めそうです。

この管釣りの魚はサイズの割には引きが強い方だったのですが、ジャンプしたり潜られたりしてもかるくいなせているカンジ。これは頼もしいですね!

あと全体の重量も76gと軽く1日ふってもロッドで疲れることはないと思います。

長さは約1.5mということで、渓流域に持って行ってもかさ張ることはないでしょう。管理釣り場でも周りを気にせずに持てて振れるサイズ……ちょうど欲しかったイメージの竿で重宝しそうです!

あと、海でのライトゲーム、アジングやメバリングなどの相性も最高ではないでしょうか?

感度と粘りを両立して軽く疲れない竿、ということであれば、常に持ち歩いていても良さそうです。

川も渓流だけでなくて、本流でも楽しく使えるかもしれません。

今度は是非、海で使ってみたい!

【オルルド釣具】Trould スピニング竿(並継)|Fishing Japan by SIB - フィッシングジャパン(公式 直営店)
【全長:約1.5m】アジング、メバリングなどライトゲームに最適なウルトラライトロッドです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました