【レビュー】Fishing Japanで購入した「テトルド X」後編

テトルドX釣竿製品紹介

ロッドの長さが絶妙に活きる!

ロッドの長さ

主だった特徴は前項で十分に語りつくしたが、どうしても取り上げたい特徴が1つある。それがロッドの長さである。
全長が50cmしかないから穴釣りにはピッタリ!」なんていうありきたりなことを言いたいのではない。

本製品のグリップ長は約20cmで、ロッド長は約30cmである。繋げば約50cm

これはメーカーの意図したものではなかろうが絶妙である。

一般的に穴釣りのターゲットになるカサゴやメバルは地域にもよるだろうが15cm以下はリリースが推奨されている。しかし、これを20cm以下とする釣り人も多く、事実私は20cm以下の根魚をリリースする。なぜなら20cm以下の根魚というのは穴釣りやその他の釣法であっても比較的容易に数釣りができてしまう。そんな時に便利なのが本製品のグリップの長さである。

グリップの長さ

そう、まさしく基準となる20cmなのである。もし15cmを基準にしている方にはグリップの根元からリールシートのナットリングあたりまでの長さが15cmだから基準にしてみると便利だろう。また、穴釣りではラッキーフィッシュであるハタ類の魚は30cm以下のリリースが推奨(一部地域では義務)である。その時はグリップの先にあるロッドの長さと比べれば、基準値に達しているかが一目瞭然である。これに気が付いた時はなんて便利かつ地味な機能だろうと笑みがこぼれた。こんなポイントに気が付いて喜んでいるのは私くらいかもしれない。

総括

やはり安い

「テトルドX」穴釣りに適した極端なほどの短さを持った特徴的にロッドであり、更にメインターゲットである小型の根魚に食い込みを邪魔しないしなやかなロッドである。
約1,500円という価格であればこれだけの機能が揃っていれば十分だ。

最強の特徴

本製品にはそれだけではない特徴がある。それが強度だ。


実際に開発者自らが水の詰まった1kgのペットボトルを吊り下げ、揺さぶってみたそうだ。これは、曰く40cm級のクロダイにも対応できるとのことだ。
つまり穴釣りで40cm級の根魚がかかったとしても、へち釣りで40cm級のクロダイがかかったとしてもファイトの末に取り込むことができる。更に言えば、抜き上げることができるわけだ。

ロッドパワー自体はグラスソリッドティップのため高いとは言えないが、そんなロッドで大物を釣りあげた時のやりとりは時間がかかるに違いない。そして、それは最高に楽しい時間に違いない。今後はこのロッドを穴釣り用に使用していくことに変わりはないが、それと併せてへち釣りなど足元を探る釣り全般に活用し、いつかこのロッドで大物を抜き上げてみたい。

穴釣りロッド「テトルド X」本編(オルルド釣具)qb300086

コメント

タイトルとURLをコピーしました