【実釣編】サヨリ釣行記(2021年4月28日 山口県丸尾漁港釣行記録)

オルルド釣具サヨリお客様

雨が上がった。昼まで時間が空いているので

サヨリを釣りに行ってみた。

今回の釣り場

山口県宇部市の丸尾漁港

サヨリの釣り場としてはお隣の床波漁港の方が有名だがここ丸尾漁港にも数は少ないがサヨリの群れは回ってくる。人気の床波漁港と違って無名の丸尾漁港は,いつ行っても釣り場が空いていることがありがたい。

今回の仕掛け

竿は磯釣り用のフカセ竿5.4m,リールはスピニングリール1000番に道糸ナイロンの3号。その糸の先に市販のサヨリ釣り仕掛をセット。ハリス0.4号50cm針はサヨリ針の4号にする。餌はサヨリ用の沖アミSSサイズ。フカセ用の撒き餌をひしゃくで撒いて釣る。

釣行の模様

港に到着。雨上がりで弱い南風が吹いているが釣りに支障するほどではない。大潮の満潮時で足元まで潮が上がっている。沖にはサヨリのライズが時々見えるので期待が出来る。先に15m沖をポイントと定めて撒き餌を多く打つ。それから道具をセット。

 

仕掛を投入してみたがまだサヨリは寄ってきていないようで反応は出ない。撒き餌を打ちながらサヨリが回ってくるのを待つ。

30分ほど経った頃,ポイントの付近で波が立つ。どうやらサヨリが寄ってきたようだ。シモリウキが走る。反射的に合わせたが空振り。仕掛を回収すると付け餌が半分残っている。食い込みが浅いようだ。そこで糸の遊びを取ってサヨリが仕掛を引っ張っていくまで待つ。竿先が引っ張られたらテンションを加える。サヨリが針に乗った。小気味よい手応えを感じながらリールを巻くと良型30cm級のサヨリが上がった。

それからは喰わせる要領がわかったのでサヨリが釣れだした。サヨリは回遊魚。群れが離れてアタリがピタリと止まったり,バタバタっと釣れたり,餌ばかりとられて食い込まなかったりということもあったが,お昼までの2時間,下げ潮5歩までアタリは続いた。

この日の釣果

釣り上げたサヨリは11匹。でも型が良いので夕食のおかずには十分の釣果だった。他に外道としてコノシロがいくつか釣れたがこちらは大きいの1匹だけキープして他は全部リリースした。

~サヨリ釣りにお勧めなオルルド釣具はコチラ~

コメント

タイトルとURLをコピーしました