オルルド釣具「シンキングミノー」

オルルド釣具 シンキングミノールアー

釣れるまで帰らない!!

満潮から下げを狙い釣れるまで帰りませんという意気込みで釣行に行ってきました。

ポイントは自転車で行ける近所の有明北緑道公園です。

バチ抜けポイントではありますがベイトも多数いる為、どのルアーにも反応が良い時期になってきました。

カラー5色セットにコスパ最高ルアー

今回の狙う魚はシーバスです。

満潮からの下げでの流れで橋脚のキワとヨレとオープンエリアでの回遊待ち狙いの釣りとなります。

今回はオルルド釣具さんの「シンキングミノー」です。

釣れそうなカラーが5個も入っていて、なんと1,196円。コスパ最高でロストを恐れずガンガン橋脚のキワを攻める事ができます。

タックルですが、メジャークラフトスカイロード8.6フィートL、ダイワLEXA LT4,000D-XH、PE1号にリーダーが16lb。

釣行開始

今日の潮は中潮で満潮20時。満潮から下げ始め狙いで21時頃に時合が来るかな?という予測でこの時期はシーバスアングラーも増えてくる為、先取りして19時からポジション獲り含めてポイントに入りました。

着いた頃はまだ上げの流れが残っていて、左から右に流れています。これが満潮を迎えて下げの流れが効きだし、右から左に流れだすと魚からの反応があるはずと思い橋脚周り中心にシンキングミノーを打ち込んでいきます。

ちょうど21時を過ぎた頃合いに潮目が出てきて釣れそうだな~と思っているとガツンと橋脚の明暗から出た瞬間にヒットしました。

そこそこ引くな~とやりとりしていると、足元で突っ込まれフックアウト。久々の魚の反応に今日こそいけるな!と確信。

引き続き、流れに向かってシンキングミノーを手元にブルブル感がぎりぎり伝わるくらいのデッドスローで引いてきます。

頭上に都市高速が走っていてその街灯のおかげで運河に自然と明暗ができています。

その暗を抜けて明に入ってくる瞬間にガツンと再度アタリが出ました。

先ほどのアタリに比べて小さい・・・

慎重にやりとりして20センチ強のシーバスをゲットできました!!

実釣を終えての感想

オルルド釣具「シンキングミノー」を使っての感想

中層が狙いやすい事とジャークした後のポーズの瞬間にアタリが出やすいです。ボートシーバスでも使ってみたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました