オルルド釣具「スピナー 5色セット」で渓流魚を狙う

オルルド釣具お客様

渓流魚を狙う時に威力を発揮する

渓流でヤマメやイワナといった渓流魚をルアーで狙う時、ミノー、スプーン、スピナーといった選択肢があります。
それぞれの特徴を生かして使い分けますが、穏やかな流れが続く浅い瀬や小渓流などではスピナーが威力を発揮します。


同じスピードでただ巻きすると面白いようにチェイスしてくる時があります。
そんな時はスピナーをつけっぱなしにして1日釣り上がる、なんてこともあります。

定番のスピナーセット

オルルド釣具の”スピナー 5色セット”は渓流ルアーの定番スピナーセットです。

サイズは5.5センチとやや大きめですが、重さが1.5g / 3.5g / 5.5g から選択できるので泳がせたいレンジによって使い分けることが可能です(今回は3.5gを選択)。

【オルルド釣具】スピナー 5色セット|Fishing Japan by SIB - フィッシングジャパン(公式 直営店)
【5.5cm / 1.5~5.5g】渓流でのトラウトフィッシングの定番ルアー。ブレードの回転アクションにより、ターゲットに的確にアピールします。

スピナーのメリットとは

釣行した日は小渓流で浅瀬を中心に攻めました。
梅雨前でそれほど水が多くない時、ミノーやスップーンだとディープに攻めすぎて根掛かりしてしまうことが多くありますが、スピナーだとそういう心配が少なく、リトリーブのスピードや竿の立て方で簡単にレンジが変えられるので助かります。

この日も渇水というほどでは無いですが水位が低く、ポイント的にも瀬が続く場所が多く、スピナーの使いケースがほとんどでした。
また、このセットは5色用意されているので反応が鈍い時などはローテーションして使えます。

今回の釣果

結局ほとんどスピナーで釣り上がりました。

ヤマメとイワナ、1匹づつ釣りましたがとても渋い川なので上出来だと思います。
特にイワナは長場のポイントで思い通りのレンジで釣れたので会心の一撃でした。

水中ではブレードアクションが決まっていたと思います。
何匹かバラした魚がいるので、同じタックルで近々リベンジします!

釣り具でおじゃるYouTubeより オルルド釣具 スピナー5色セット

コメント

タイトルとURLをコピーしました