早春の渓流釣り

オルルド釣具 ネットライン・小物

渓流釣りの際迷った事はないだろうか?

本流でトラウトを釣りに行く時、どのようなランディングネットを持っていくか悩むことがあります。

例えばニジマス、イワナ、ヤマメが釣れるとして、小物から大物までそのサイズはまちまちです。15センチくらいのヤマメが釣れたと思ったら50センチオーバーのビッグレインボウが釣れる時もあります。

オルルド釣具「ランディングネット(Mサイズ)」を見つけた

そんな時に小物からある程度の大物まできちっとおさまるサイズのネットがあったらいいな、とずっと思っていましたが、オルルド釣具のランディングネット(Mサイズ)はまさにそういった願いを叶えてくれるランディングネットです。

【オルルド釣具】ランディングネット(Mサイズ) | Fishing Japan by SIB - フィッシングジャパン(公式 直営店)
三層構造ウッドフレームの、軽くて丈夫なランディングネットです。

早速使ってみた

結果から言うと20センチ前後のニジマスとヤマメ、30センチくらいのイワナという釣果でした。

この日は朝はダム湖、午後は本流で釣りというパターンで、釣れる魚の種類やサイズはまちまち。本流では放流後なので、50センチクラスのニジマスがかかる可能性もあります。ただ、常に釣れるサイズではないので、小型中型を中心に40センチまでが余裕で入るネットがあればいいという感じです。

オルルド釣具のランディングネット(Mサイズ)すべての魚を問題なくキャッチ

【モニター】ランディングネット(Mサイズ)前編 qb510002

かなり使いやすい

丈夫な構造ですが、とても軽く、木目も綺麗なデザインなので、川や渓流にも合いそうです。特にルアーの場合は歩いてポイントを探っていくので携帯時の軽さはありがたいです。

選べるタイプ

また、ネットタイプはスタンダードネットかシリコンラバーネットかどちからか選べますが、どちらもトラウトの肌を傷めない設計です。

この日使用したシリコンラバーネットタイプは魚体にも優しく、ルアーも絡まずGOOD。

【モニター】ランディングネット(Mサイズ)後編 qb510002

終わりに

この日は流石に50センチサイズは出ませんでしたが、「このネットがあれば安心」という保険はとてもありがたいです。

ニジマス、イワナ、ヤマメのトラウト3種をコンプリートし、早春の寒い時期なのに尺サイズのイワナまで釣れて大満足の釣行でした。

【オルルド釣具】ランディングネット(Mサイズ) | Fishing Japan by SIB - フィッシングジャパン(公式 直営店)
三層構造ウッドフレームの、軽くて丈夫なランディングネットです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました