【レビュー】Fishing Japanで購入した「テトルド X」前編

テトルドX釣竿製品紹介

ロッドの特性と強度

テトルドXの材質

「テトルド X」の素材には粘りとしなやかさを兼ね備えたグラスファイバーを採用し、更にソリッドティップとすることにより食い込みの良さと強度を高い次元で両立している。 このロッドの主戦場である「穴釣り」における主なターゲットは比較的小型の根魚であり、これまで本製品のような穴釣り専用ロッドが登場するまでは、バスロッドに代表される短めのルアーロッドが転用されることが多かった。

これまでの問題点

特に、垂直に仕掛けを落とすことの多い穴 釣りでは手返しの良いベイトリールが人気で、安価なベイトロッドを転用あるいは短く加工して穴釣りロッドを自作するユーザーも多数存在する。かくいう私もその一人であり、長年穴釣りのためにバス用ベイトロッドを短く切り詰めた自作ロッドを使用していた。

しかし、キャストの正確性が求められるバスロッドにおいては張りのあるチューブラーティップが採用されることが多く、特に安価なベイトロッドを転用する私のようなユーザーはその強すぎる張りが小型の根魚のアタリを弾いてしまうことが悩みの種だった。張りが強すぎる割に、ある一定以上の力がかかると引き裂かれるようにしてグチャリと折れてし まうのである。

見た目からは想像できない強度

しかし、本製品は冒頭で説明したように強度を保ちながら張りを抑えしなやかさを実現している。とはいえ、本製品は比較的大型の根魚やクロダイなどを引き抜くだけのパワーを兼ね備えており、決して柔らかいロッドではない。この「グラスソリッドティップ」特有の“硬 いのにしなやか”という感触を知るには、2 種類のロッドの穂先を触り比べなければならないだろう。もし触った瞬間にその違いがわかるのであれば、かなりディープな領域まで足を踏み入れた釣り人であるに違いない。


実釣で実感する食い込みの良さ

活躍の場はもちろん穴釣り

さて、この「テトルド X」を実釣に持ち込んだ。 本製品はその短さを活かした“足元の釣り”全般に活用することが出来る。しかし、最も真価 を発揮するのは穴釣りであることは疑いようがない。 そこで、迷うことなくテトラポッドが積み上げられた堤防へと足を運んだ。このポイントはサーフから沖方向に突き出す堤防を覆うようにしてテトラポッドが積み上げられている。一般的な漁港や小さな湾内のポイントと比較して潮通しが非常に良いことが特徴だ。

実際に幾度となく穴釣りのために足を運んだポイントであり、サイズこそ25cm程度止まりではあるが根魚をコンスタントに狙うことができる。

エサと仕掛け

仕掛けはシンプルにブラクリ仕掛け(4号)と餌はアオイソメとサバの切り身

穴釣りの面白さは、魚の潜む「穴」を見つけ出す楽しみと、当たりの「穴」を見つければ仕掛けを投入した瞬間に当たりを感じられることである。普段は餌持ちや家での保管のことを考えて塩漬けにしたサバの切り身などを使うところだが、今回は折角の新品ロッドのデビュー釣行であるから勇んでアオイソメを調達した。実際には狙いの魚が潜む穴を見つけさえすれば、サバの切り身であってもアオイソメであっても食いつきの良さの差をそれほど感じることはない、そう考えていた。しかし、久しぶりに穴釣りに生き餌を投入してみると、やはり生き餌であるアオイソメへの反応は良好だ。

サバ下準備(餌作り)編「テトルド X」(オルルド釣具)qb300086

しなやかさが抜群

そして、ここでつい口元が持ち上がってしまうのは「テトルド X」のロッド特性と強度の項 目で散々語ったロッドのしなやかさが抜群に活きていることだ。ロッドの強度を知るためには、このロッドで40cm級の根魚やクロダイを狙う必要があるが、そのしなやかさを知るには小魚一匹いれば十分だ。本製品は決して柔らかいロッドではない。小魚程度では大したしなりも見せない。

しかし「コン、コン」という魚のアタリに対して、通常のチューブラーティップでは感じられる弾きが全くない。小さなアタリに対しても大小の差はあれ、ティップが「クイ、クイ」と反応 してくれる。また20cm弱の良型の一匹を釣り上げた際にはチューブラートップの改造ロッドでは見られなかったしなやかさを存分に発揮して、短い魚とのやりとりを極めて楽しい時間にしてくれた。


穴釣りロッド「テトルド X」本編(オルルド釣具)qb300086

コメント

タイトルとURLをコピーしました