オルルド釣具「リルリル」(左ハンドル)

オルルド釣具「アルミミニ三脚 3段(ブラウン・ネジ止めタイプ)」お客様

オルルド釣具「リルリル」

ずっとスピングリール派でしたが、機会があれば是非ベイトリールも使ってみたかったんです。

構造的にはシンプルだし、ルアー釣りしているとスピングリールの場合、ベールの倒しと戻しがあるので、どうしても手返しが多くなります。ルアーがポイントに入ってリールを巻き始めるまでのタイムラグも気になります。

それが1日ずっと続くわけですから、手返しが良いリールを使ってみたいと思うのは自然ですよね。

オルルド釣具「リルリル」はベイトリール初心者にも使いやすく、入門にはぴったりと感じました。

ベイトリールで一番のデメリットはバックラッシュの可能性かと思うのですが、マグネットブレーキシステムがそれを未然に防いでくれます。これは本当に便利。

最初はブレーキのかけ具合を何度かキャストして調整する必要があるけど、一度上手くハマればずっとその設定で投げ続けられるのでやっぱり便利。

リルリルは全体的にコンパクトで軽量なおかげで1日使ってもまってく疲れません。

本流でのルアー釣りでは5〜7gのルアーをコンスタントに投げ続けてまったくストレスを感じませんでした。

手返しの少なさも、新鮮な感動です。ベールの束縛から逃れられた解放感は素晴らしい。

もちろんスピニングリールのメリットも別にたくさんあるので、釣る魚や場所によって両方使い分けるのが良さそう。

さらに有料のC&R区間でスレた魚を相手に使用しましたが、軽めのスプーンも遠投できて楽しく釣りが楽しめました。

ちなみに、コツというほどのものではありませが、遠投する時はサミングしながら投げるとバックラッシュはほとんど防げます。

ちょい大きめのニジマスもヒットしましたが、トルクフルな巻きご心地も安定感があってよいです。

本流のルアー釣りで練習したら渓流のベイトフィネスにもチャレンジしてみようかと思案中です。

【オルルド釣具】リルリル | Fishing Japan by SIB - フィッシングジャパン(公式 直営店)
ロープロ型のベイトキャスティングリール。ブラックバス、ライギョ、シーバス、鯛ラバなどにおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました