アジの泳がせ釣りはびっくりな魚もヒットする

オルルド釣具アジ釣りお客様

平日に休みが取れたので、週末は混みあうので避けていた海釣り公園へ。

サビキ釣りでのアジ狙いだ。

泳がせたら青物なんて釣れるかな…と期待を膨らませて出発。

<釣行データ>
  • 7:30~13:00
  • 大潮
  • 曇り

釣り場の状況

 開園より30分ほど遅れて到着。がしかし、平日でも大盛況。

 常連さんはかいえんと同時に釣り座の確保がすんでいるようだった。

 やっとこさ釣り場を見つけて開始。もうこの時点で「海釣り公園はきついな…」と

 やや投げやり気味。。。

釣果具合

ただアジは単発ずつではあるが、群れてきているよう。もちろん私にもヒット。

地合いは長くなく、周囲を見ても爆釣!という人はいないようだ。

イソメでも投げたいが、数十メートル先まで根はきつくあるよう。

ゆえにとんどの人はさびき釣りをしている状況だ。

商品検索 - Fishing Japan by SIB - フィッシングジャパン
「オルルド釣具」や「アルテマ」、「シンプレジャー」「シンプリティ・ハイクラス」などを展開する「フィッシングジャパン」の直営店。高品質なアイテムをお手頃な価格で。フィッシング・アウトドア・モバイルグッズのネットショップです。

泳がせ開始!

 アジ釣りも落ち着いたところでいよいよ泳がせ釣り。使うのはオーナーばりさんのハリス12号をナイロン5号で直結。潮で他の人と絡まないように10号程度の重りをかましていざ開始。

 そう簡単に釣れることなく、1時間が経過。回収して投げなおし。

「今日はもう無理かな」なんて思っていると(ぎゅーん!)とドラグが鳴り響く。この時内心、とんでもなくこころが踊っていた。しっかりドラグをしめ、併せる。しっかり乗った!

釣れたのは……

力強い引きと首振りを感じる。これはもう青物確定だろう。悪くてシーバスか…

どっちにしてもばらさないようにしようと格闘すること5分ほど。

ようやく姿を現したのは、、、サメ

竿の曲がった私を遠目から見ていた視線が一気になくなったのを感じた。調べてみるとドチザメというらしい。

それでも立派な泳がせ釣りの成果だ。なぜかこの時、食べる。という選択肢を選んでしまった。

持ち帰り

キッチンのシンク越しと釣れたアジを見比べるとやはりそこそこの大きさを感じる。

サメ肌というだけあってか、包丁がダメになりそうなくらい皮が固い。が、身はタイのようなしっかりとした身だ。

から揚げ、刺身にして食べてみたが、意外とおいしかった。

振り返り

過去、泳がせ釣りでエイを釣ったことはあるが、サメは初めてだった。  いい経験もしたし、おいしく味わうことができたが、もう2度と持ち帰らないだろう。

商品検索 - Fishing Japan by SIB - フィッシングジャパン
「オルルド釣具」や「アルテマ」、「シンプレジャー」「シンプリティ・ハイクラス」などを展開する「フィッシングジャパン」の直営店。高品質なアイテムをお手頃な価格で。フィッシング・アウトドア・モバイルグッズのネットショップです。
アジ釣りにおすすめの釣具はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました