地味だけど・・・しっかり釣果が出る!テクトロ釣法を紹介

オルルド釣具テクトロ釣法お客様

護岸や堤防沿いにルアーを垂らしながら歩く釣法、それがテクトロです。

シーバスゲームやチニングをしている方はテクトロ釣法をご存知だと思います。

今回は知らない方はもちろん、知っている方にも分かりやすくテクトロ釣法のメリットやオススメの方法をご紹介します。

あらためてテクトロ釣法とは?

テクトロ釣法とはルアーを水中に入れた状態で、護岸や堤防沿いを歩く釣法です。ジャークやトゥイッチなどの派手なアプローチに対し、テクトロは地味なアプローチになります。

テクトロのメリット

テクトロ釣法のメリット

護岸や堤防沿いをバッチリ狙える点です。護岸や堤防沿い、船と岸の間はシーバスが居着いている可能性が高く、アングラーはぜひとも狙いたいポイント

例えば、このような船と岸の間を狙いたいとします。(停留用の紐は一旦、置いておきます。)

ルアーをキャストすると船上や岸に乗り上げてしまう可能性があり、よほど上手くキャストしないと間を通すことはできません。しかし、テクトロならどうでしょうか・・・誤ってキャストをすることなく、船と岸の間を狙えます。

一段と釣果が上がるテクトロの方法

テクトロの釣果をアップする方法

歩くスピードと人の存在を感じさせないこと

1つ目の歩くスピードですが、ベイトに速さを合わせましょう。シーバスやチヌが今何を食べているのかを観察し、捕食対象のスピードを覚えます。バチならバチのスピード、ハクならハクのスピードを覚えましょう。覚えたスピードに合わせることで、よりルアーにリアリティが増します。

シーバス私たちが考える以上に、視力が優れている生き物です。私たちの姿が見えると、逃げてしまいます。そのため、2つ目のポイントである人の存在を感じさせないことが大事になってきます。テクトロをする際ロッドを突き出し、なるべく人の姿を見せないようにしましょう。シーバスの警戒心を少しは取り除くことができます。

テクトロの釣果

サイズは決して大きくはありませんが、しっかり一匹を釣り上げることができました。ボウズ逃れの手段として、ぜひ活用していただければと思います。

オルルド釣具 
テクトロ釣りにおすすめ商品はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました